インプラントは兵庫県神戸市の神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ!インプラント治療は兵庫県神戸市の神戸六甲インプラントテクニカルセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談

インプラント治療は神戸市灘区の
神戸六甲インプラントセンターへ

  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談
 
取り扱いインプラントメーカー/株式会社ブレーンベース
トップページ > 取り扱いインプラントメーカー > 株式会社ブレーンベース
HAOKUHOのインプラント/Spline(R) Implant System
コンセプト
  • 第3世代インプラントトロジー
  • 『インプラントを中心とした骨治療の統合システムの確立』
マイティスアローインプラントは、「インプラントを中心とした骨治療の統合システムの確立」を製品開発のコンセプトとして第3世代のインプラントロジーを追求しています。
インプラントの特徴
安全で簡便なシステム
  • ルートフォーム形態で様々な機能のデザインを付与している
  • 日本人の顎骨形態に合わせた設計と術式で適応症を拡大している
  • あらかじめ挿入ジグが装着されており、γ線滅菌している

ABS処理(Apatite Blasted Surface処理)

  • β-TCPとアパタイト(9:1)の共晶セラミックスによる表面ブラスト処理
  • 酸処理を行わず純水による洗浄
  • 上下顎の様々な骨質にも高い骨接触率で接合する

高い骨接触率(95%)と低い感染率
  • 早くて強い初期固定を実現
アパタイトブラスト表面処理(ABS=Apatite Blasted Surface)
マイティスアローインプラントでは、「インプラントの植立でもっとも重要なことは、植立直後から骨結合が実現するまで、完全な静置を確保すること」と考えています。その為には、ある程度きつめのセルフタップを行い、ネジ止め効果により機械的にしっかり固定する術式を採用しました。
ABSは、この考えを実現するためのインプラント表面として開発されました。マイティスアローインプラントにはコーティング層が表面に存在しないため、摩擦によって剥離することがないという点が大きなメリットです。コーティング層がなくても、リン酸カルシウム(HAPとTCP)でサンドブラスト表面処理を行うため、アルミナなどの生体不活性物質が無いので高い生体親和性を持つことが最大のメリットです。
この2点のメリットから、万一、タイトな植立によって骨に過剰な負荷がかかっても、インプラント周囲の骨吸収が行われない、という特徴を持つ表面性状になっています。
このようなことから、ご愛用いただいている先生方の中には、上顎など骨質の悪い症状や、ソケットリフト・サイナスリフト・リッジイクスパンション・抜歯即時インプラントとしてご使用いただいたり、アバットメント装着まで、下顎でも1〜2ヶ月、上顎で2〜3ヶ月という短期間で行われる症例もあります。

マイティスアローインプラントは、多くの独創的な技術を背景としたインプラント・システムです。 この独創的な技術を、10件の特許として出願、乃至は特許権を取得しています。 マイティスアローインプラントは、2006年にはISO13485/ISO9001及びFDA K052254認証を取得し、台湾、韓国、米国、香港等への輸出を開始しています。

神戸六甲インプラントテクニカルセンターでは、ブレーンベースのインプラントを取り扱っております。


科学的データ
確実な初期固定と簡便性を追求した像です

オッセオインテグレーションの概念が定着して以来、インプラント治療は歯牙欠損補綴の選択肢のひとつとして確実な地位を占めつつあります。 現在では一般臨床医の先生方の間でも広く導入され、より成功率が高く簡便なインプラントが求められています。アローインプラントはその為に生まれたインプラントです。 より高い生体親和性を持つ世界初のアパタイトブラスト表面処理(ABS)とセルフタップによる植立はタイトな初期固定を実現しました。 またあらかじめ挿入治具を取り付けたアローインプラントは、よりシンプルな植立方法を確立しています。 これからインプラント治療を始めようとお考えの先生方にも、また経験豊富な先生方にも安心して、そして満足してご利用頂けるインプラントです。


アパタイトブラスト表面処理(ABS,Apatite Blasted Surface)とは

インプラントの骨埋入部をリン酸カルシウム・セラミックス(HAP,β−TCP)の結晶粒子でブラストして表面を粗す技術です。 結果としてチタン表面にアルミナなどの生体不活性な物質が残留しないため、ABS処理されたインプラント表面はより高い生体親和性を持つことになります。


アパタイトブラストの特徴
 
ブラスト処理後の十分な洗浄工程で、強固にチタン表面に食い込んだもの以外はすべて取り除かれますので、アローインプラントは基本的には純チタン表面と思われます。 この点からもアパタイト・コーティング・インプラントよりも、ある程度の表面粗さを持つ純チタンインプラントに近いと言えます。
 
BSの強拡大SEM像とスポット位置でのEMPAによって、チタン表面に食い込んだブラスト粒子を分析すると、リンとカルシウムが検出されますが、 その検出された部分からわずかにずらしたチタン表面部分を分析すると、チタンのみが検出されます。 このようにブラスト処理自体が結果として、わずかにブラスト粒子を残留させてしまいますが、例え僅かに残留したとしても、それが生体親和性を損なうものではなく、 植立初期にオッセオインテグレーション獲得に寄与することを期待したのがABSです。
 

動物実験(短期) 提供:日本歯科先端技術研究所
成犬下顎骨に切削加工直後(純チタン:Ti)のアローインプラントとABSを行ったアローインプラントを1回法で埋め込み、5週経過後に標本作製を行いました。 ABSでは良好な骨結合状態がうかがえます。
 

動物実験(長期) 提供:青森インプラント研究会
ABSを行ったアローインプラントを成犬下顎骨に1回法・単独植立でインプラントを行い、20週後に標本を作成しました。その間、咬合圧は加わらないものの普通に咀嚼を行っています。
弱拡大の標本及び歯槽骨部の拡大写真でも、インプラントと骨界面への上皮の迷入は認められず、骨結合状態も良好です。
 

製品選択ガイド
症例にあったアローインプラントの選択

インプラント治療で一番始めに考えるべきことは、最終的にはどのように患者さんの咬合回復がなされるかということです。
術者側は、その状態を思い描いて、インプラントの選択、設計を行わなければなりません。
例えば、補綴方法がブリッジ形態かオーバーデンチャーなのか、あるいは単独か連結なのか、ということです。
次に考慮すべき点は、現状でどのインプラントが植立可能かということです。それには術前検査をしっかり行い、骨幅や骨の厚みを正確に把握しなければなりません。

   

1回法(B-type/BW-type/E-type/EW-type)と2回法(C-type)インプラントの選択

症例によってこのような場合は2回法でなければならない、或いは1回法の方が絶対に良いということはありません。 殆どの場合、使用される先生方のお考えや好みで使い分けられているようです。ただし、両方ともご使用の先生方には、次のような傾向があります。


<骨質>
骨質が極端に悪く、少々の負荷でも静置が壊れるようであれば、2回法(C-type)を選択します。つまり上顎にはそのような場合が多くなります。またGTR,GBRを併用する術式や、 サイナスリフトとインプラント理入を同時に行うような場合も同様です。 このような 場合、通常のインプラントとドリルの関係を無視し、ひとサイズ小さいドリルをファイナルとし、きつめのセルフタップを行うことで、より強い機械的固定を確保すると良いようです。

<フルマウスに近い症例>
総義歯だった患者さんや、バーチカルストップを確保できない症例には2回法 (C-type) が良いようです。 これまで使用されていた義歯をもう一度使って頂くとしても、暫間義歯を用意するとしても、頭部が露出する1回法2ピースよりも静置が確保しやすいというメリットがあります。 ただし、ステンキャップを用いた磁性アタッチメントで最終的な義歯固定を行う場合は B-type を選択して下さい。

<単独植立>
アローインプラントはアバットとフィクスチャーの嵌合形態が 8°テーパーロックです。 テーパーロックは強い力で締め込むならほとんど緩むことはありませんが、強い力で締め込むことができない場合、回転防止機構がありませんので緩みやすくなります。 この点でB-typeとC-typeを比べた時、B-typeはアバットメントを包み込むようにフィクスチャーのショルダー部分から補綴物のマージンを立ち上げるのに対し、 C-typeはアバットメントのストレート部分から立ち上がります。つまり合着による固定をフィクスチャーに対し行えることからB-typeは基本的にほとんど緩むことがなくなります。 そこで単独植立を行う際、同じ太さであればB-typeを選択して下さい。
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談

インプラントは神戸市灘区の神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ

インプラント治療は、神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ
インプラントは神戸市灘区の神戸六甲インプラントテクニカルセンターにお任せ下さい。
医療法人うしじま歯科クリニック運営サイト
神戸六甲インプラントセンターは、神戸市灘区の歯科医院うしじま歯科クリニックが運営をしております。
うしじま歯科クリニックでは、神戸六甲インプラントセンターのWEBサイト以外に下記の「うしじま歯科クリニック」・「神戸六甲矯正テクニカルセンター」・「パーフェクトペリオ専門サイト」を運営しておりますので、歯のことで何かお悩み、お困りごとがございましたら、是非、下記のサイトも併せてご覧下さい。
sp